カードローンの返済計画は状況ごとに見直しをしよう

カードローンを返済していると状況が変わってしまうことがあります

カードローンの返済計画は状況ごとに見直しをしよう

多重債務者の増加により設けられた新たな法律

カードローンには上限となる金利が設定されています。
この上限金利は最高20%までとなっているので、これ以上を超えてしまうと違反となります。
ですから、カードローン会社はこの上限を守りながら独自の金利を提示してサービスの提供を行っているのです。

この上限となっている金利は、利息制限法によって決められています。
元々、利息制限法というものはなかったのですが、あまりにも借金に借金を重ねる人が多くなってきて、多重債務者が増えてきたことをきっかけに、利息制限法が設けられたのです。

それに、一生懸命に返済をしているのに、あまりにも金利が高くなってしまい元金を減らすことが出来ないという事情もあってこういった法律制定となったのです。
現在のカードローン会社では20%以上の金利で提供をしているところはありませんので安心してください。


将来的なことも踏まえて返済計画を立てることが大事

カードローンを利用した後は、返済をしっかり行うことが大切です。
返済をする際に準備をするものはありませんが、計画性を持つことが一番大切になってきます。
ただ、計画を立てればいいというものではなく、しっかり頭の中にいれておくことが大切になります。
実際に返済をするときには、計画を立てたとしても思った通りにいかないのが現実です。
キツキツな生活になって返済が大変になってしまうというのが一回でも日常生活の中で起こってしまうと、頭の中がパニックになってしまいます。
ですから、事前に自分の収入がどのくらいあるのかを把握しておくことが必要になります。

返済計画を考えるときには、余裕がありすぎない?と自分でも疑問に思うくらいが、万が一何かあったときでも余裕を持って返済をすることが出来るようになってきます。


カードローンには借り換えという選択肢もある

事前にきちんと返済計画を立てて、もし計画通りにいくことが出来なかった場合には、金利の安いカードローン会社へ借り換えをしてみましょう。
借り換えには審査をしなければいけないので、また結果を聞くまで緊張してしまいます。
それに、低金利のカードローンの場合は、厳しい審査基準となっているのでもしかすると落ちてしまう可能性が高く、そのままの状態が続くことがあります。

こうなったときには新しい返済計画を立て直すということもポイントになります。
状況が変化していることや、収入が借入をしたときと比べてどのくらい減っているのか?などを調べてみることによって、再度返済計画を立てることが出来ます。

このように、カードローンの返済計画というのは、最初に決めた通りに行うことも必要ですが、その都度変更をしていくことによって心に余裕を持つことができます。


Copyright© 2014 カードローンの返済計画は状況ごとに見直しをしよう All Rights Reserved.